お知らせ
    せきが出ている男性

    アレルギー検査には、大きく分けて血液検査と皮膚検査があります。
    血液検査の場合は、腕の静脈から血液を採取し、約1週間後に結果が出る方法と、指先から採血し、20分後に結果がわかる方法とがあります。
    注射が苦手な人や、通院する時間がとれない人は後者を選択すると良いでしょう。
    検査できるのは、花粉とハウスダストの各種で、合計8種類です。
    ただ、一般的には前者の検査が多いです。

    検査では、好酸球の数やIgE値、特異的IgE値が出ます。
    総合的に、アレルギーが出やすい状態になっているかどうかということがわかるので、現状を知る上でも参考になります。
    現在では、Viewアレルギー39検査をおこなうところも増えてきました。
    その検査では、ハウスダストや花粉、昆虫、食物など39種類への特異的IgE値を調べます。
    保険が適用され、初診で3割負担の場合、窓口では6,000円ほどの支払額となります。

    特異的IgE値は、ハウスダストや花粉、昆虫など、皮膚や粘膜を通して取り込む物質についてはかなり信頼性が高いです。
    食べ物の場合は、卵や牛乳、ピーナッツ、小麦以外はあまり参考にならないことが多いので、検査結果でアレルゲンとなっていても、むやみに避ける必要はありません。
    食べてなんともなければ食べ続けてかまいません。
    一方、検査結果でなんともないとなった食品にアレルギーを起こすこともあります。
    その場合は現状最優先で、摂取を止めることです。

    皮膚検査には、スクラッチテストと皮内テスト、パッチテストがあります。
    皮膚検査では、アレルギー物質を肌につけるので、かゆくなる可能性があるという難点がありますが、より正確に自分にとってのアレルゲンがわかります。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧