• ホーム
  • えびのアレルギーと改善のこと

えびのアレルギーと改善のこと

ある日突然に、体がとても痒くなり、気分が悪く、同時に吐き気なども伴う事があります。
慌てて病院に行ったところ、お医者さんから、「昨日何を食べましたか?」と聞かれ、食べた項目を並べた際に、えびが該当していた場合、えびによるアレルギーと診断される場合があります。
しかし、その場で血液検査などを行ってもらい、後日診断結果などを見せてもらうと、実はえびアレルギーではなく、ストレスによるアレルギーであった、ということもあります。
なかなか、どのアレルギーであったのか、を初診で見極められるお医者さんは、このように少ないと言われています。

もし、ストレスではなくえびを食べたことによるアレルギーの場合には、これ以上に症状を悪化させないためには、えびを食べないことで、改善することが出来ます。
このえびのアレルギーについては、ある日に突然、突発的に起こってしまうことなどもあります。
本人も家族も今までずっと継続して食べていたものであることから、特に警戒などがなく、食べ続けていたところ、突然にこのようなえびによるアレルギーが起こってしまう方もおられます。
原因としては、花粉の症状などと同じように、体の変化、年齢による体の不調などや耐久力などの減少です。
このようなことが原因であると同時に、えびを食べても大丈夫だよ、という体からのサインがオーバーしてしまうと、このような症状が出てしまうと言われています。

小麦粉の石鹸を使い続けた女性が、立て続けにその後に、小麦アレルギーになってしまい、その後は、一切、うどんやパスタなどの小麦粉を使ったものを食べることができなくなってしまった症状と、こちらは同じようなものになります。
このように、残念ですが、改善するためには、食べないことが、最も重要であるとされています。

関連記事