• ホーム
  • セチリジンよりも眠気が少ない抗アレルギー薬も発売

セチリジンよりも眠気が少ない抗アレルギー薬も発売

薬と瓶とグラス

セチリジンは花粉症やアレルギー性鼻炎、アレルギーが原因となっている蕁麻疹、湿疹、皮膚のかゆみなどを改善出来る薬の成分です。
皮膚のかゆみや蕁麻疹、湿疹を治せる薬があるというのは安心ですが、実はセチリジンは一般名となっており、病院でこの成分が入った薬をもらう時には、ジルテックという商品名で処方されていることもあります。
また、この成分を有効成分としたジェネリック医薬品が多く発売されているため、病院でアレルギー性疾患の治療を受ける時には、そのようなジェネリック医薬品を処方される場合もあります。
ドラッグストアで手に入る市販の鼻炎の薬にもセチリジンは使われていることがあるので、この薬に出会う機会は多いと言えるでしょう。

そんなセチリジンは抗アレルギー薬の中の、第2世代の抗ヒスタミン薬に分類され、体内物質のヒスタミンがH1受容体に結合することを阻害することで鼻炎などのアレルギー症状を抑えるという仕組みで症状を軽減する薬です。
セチリジンはアレルギーを抑える薬の中では効果が強い方だとされており、服用した後にすぐ効果があらわれるという即効性と持続時間の長さが魅力となっているので、鼻炎などの症状がひどい人におすすめの薬です。
しかし、この有効成分は第2世代の抗ヒスタミン薬の中では飲んだ時に患者さんが眠気を感じやすい方の薬とされているので、眠くならずにアレルギー性症状を抑えたい人は他の薬を検討するのも良いでしょう。

ちなみに、セチリジンと同じ位の高い効果を持ちながら、眠気が少ないという利点がある薬も発売されており、その薬の一般名はレボセチリジン、商品名はザイザルとなっています。
ザイザルは服用時の眠気が少なく効果が高いことで魅力的な薬と言えますが、病院で医師に処方してもらわなければ手に入らない薬です。
病院に行きにくい人が効果の強さを求めるならセチリジンの入った市販薬、眠気が少ないことが優先順位になるなら、薬剤師に相談して他の抗アレルギー薬を選ぶと良いでしょう。

関連記事
人気記事一覧